オンラインコーチング英会話

LIBERTY ENGLISH ACADEMYのオンライン英会話コーチング口コミ体験談

さて今回も「コーチング英会話第4弾」と称しまして、Liberty English Academyの無料カウンセリングを受けてきました。

こちらは短期でTOEFL/IELTS/TOEICのスコアアップ、大学の受験対策にとても力を入れているイメージが持たれるスクールかと思います。

アカデミックな英語力を鍛えるというイメージが強いのですが、”単なる試験対策ではない「ネイティブと同等の英語」習得を目指されている方に選ばれている英語対策学校”

とホームページにも掲載されています。

グラマーテーブルというのがLibertyの一番の目玉なのですが、これを頭に叩き込むことで正しい英語が使いこなせるようになるようです。

 

無料カウンセリングまでの流れ

Liberty Enlish Academyの無料体験レッスンは公式サイトから受講可能です。

上記のホームページのフォームで無料カウンセリングの予約を行います。

すぐに自動配信のメールが送られてきます。

その後担当者さんからのメールが届き、日程調整、カウンセリングシートの記入が求められました

私はオンラインの無料カウンセリングを希望したため、当日必要なzoomのリンクが送られてきました。

 

Liberty English Academyへのアクセス

校舎は東京にあります。

以下アクセス情報です。(ホームページより)

〒108-0014
東京都港区芝5-13-14 THE GATE MITA 2F
(慶應義塾大学 東門の向かいのビルの2階)

最寄り駅
田町駅( JR山手線・京浜東北線) 徒歩5分 - 西口/三田口
三田駅(都営浅草線・都営三田線) 徒歩5分 - A3出口
赤羽橋駅(都営大江戸線) 徒歩7分 - 赤羽橋口

ですが、遠方の方にも嬉しいことにオンラインで受講可能です。

このようにオンライン用のタイムテーブルも用意されています。(2021年5月13日現在)

無料カウンセリングの内容

カウンセリング時間は30分程度となります。

進め方としては、①カウンセリングシートに基づいたヒアリング→②Libertyについての説明(これまでの功績など)→③プランの説明、という感じでした。

他の無料カウンセリングと比べると短いように思えましたが、必要な情報をギュッまとめてしっかり説明してもらえるので時間的にもちょうどよかったです。

カウンセリングシートに基づいて、まずは英語学習の動機、目標などを聞かれました。明確な目標も聞かれたので、「TOEIC900点以上!」と答えると、「〇〇さんの今のレベルからするともうすぐですね。」と言っていただけました。(ちなみに835点現在)

かなり自信ありげに答えていただいたので、期待度も一気に上がりました。

続いて、Libertyの説明へと移りましたが、これまでの合格実績・スコア伸び率などを提示しながら説明してくださいました。

かなり高レベルな方々ばかりです…。

いやそれだけ伸びるようです。

あの有名大学への進学も夢じゃないかも…!!

Libertyでは試験の対策のための勉強ではなく英語能力を底上げすることで自動的にスコアが上がるということを目指しています。

ですので、試験に対応できるだけの英語力ではなく総合的に英語力を伸ばすことが可能になります。

Libertyの特徴ー注目の「グラマーテーブル」

ここまで伸びるのには、「グラマーテーブル」というもののおかげだそうです。

グラマーテーブルとは、Liberty学長の藤川先生が「教養ある英米人と同じ’英語脳’を作る」ために体系化されたメソッドです。

これは、これまで学校教育でなされてきた「日本語→英語」からの英語文法ではなく「英語→英語」として理解することが目標にされたものです。

英語と日本語には大きな違いがあります。

しかし、英語を学んできた日本人の多くは本来の英語としての重要な部分を見逃してきた。

「英語を勉強すること=文法を覚える」という日本人特有の不十分な勉強から脱し、グラマーテーブルをマスターすることで、英語の根本から理解でき、ネイティブにも劣らない教養ある英語力が身につくのです。

ここでキーとなることが”Syntax”(統語論)です。

言語学的なワードですが、言語の構造そのものを理解することがこのグラマーテーブルで可能になるそうです。

以下、英語のアプローチ方法におけるLibertyで学ぶ方法ととこれまでの一般的なもののイメージ比較です。

◆Libertyでの英語

◆「今までの英語学習」

 

上記2点のイメージからわかるように、Libertyでは英語の根幹から4技能にアプローチすることによって、高レベルの英語力・短期間での習得、苦手意識の克服に効果的に実現させてくれます。

学習プランについて

さて、実際の受講方法についてですが、ざっくりとGrammar Table(文法/Reading/Listening対策)→Speaking/Writing対策という流れになります。

スピーキングやライティングの段階に移るには、Grammar Tableの習得度チェックに合格することが必要になってくるようです。

これに合格し、グラマーテーブルの習得、基礎をしっかりと身につけた上でSpeaking/Writingの強化を行います。

・第1段階:Grammer Tableの習得

毎回90分の授業を受講し、その週のうちに90分の復習時間を確保します。

オンライン授業の場合、好きな時間帯にオンデマンド授業をうけ、期間内であれば何度でも視聴可能になっています。

授業内ではグラマーテーブルをはじめ、TOEFL PBT(ITP)の実際の過去問題やSATの文法問題を用いて、解説を受けます。

・第2段階:スピーキング/ライティング対策

TOEFL iBTやIELTSの問題を用いてスピーキングとライティングを鍛えます。

講師による添削を細かに受けることで正しい英語を身につけることが目標とされています。

料金プランについて

グループコースとプライベートコースがありますが、料金プランは下記のようになっています。

24回、48回、72回(グループのみ)がありますが、48回コースが標準だそうです。

ただ24回のコースでもグラマーテーブルを押さえられればしっかり英語力を伸ばすことも可能だそうです。

そしてさらに注目ポイントとしては成果保証もついているところです。

もしも授業に満足できない・十分に英語力が伸びなかった場合は無料で期間の延長をしてくれるのも魅力の一つです。

他の英会話スクールとの違い

これまでPROGRIT、スマートメソッド、スピークバディと体験してきましたが、他の英会話スクールがビジネスにスポットを当てるのに対し、こちらLibertyに関しては学術的な面に焦点を当てているのが大きな違いかと思います

こちらも他のスクール同様TOEICやTOEFLのスコアを上げることが可能になりますが、試験対策というよりは英語能力全体を底上げするというイメージです。

また、ここに授業を受講して復習という流れであるため、PROGRITのような綿密な学習管理を受けるというものではありません。

目的別にまとめますと、

・ビジネス英会話の習得に向け英語学習を徹底管理してほしい人→PROGRIT

・ビジネス英会話をスピーキングによって実践的に伸ばしたい人→スマートメソッド

・AI学習を用いてコツコツと英語学習を進めたい人→スピークバディ

・説得力のあるレベルの高い英語・英語能力全体を底上げしたい人→Liberty English Academy

というのがこれら全ての無料カウンセリングを受けての筆者の見解です。

’Liberty English Academy’の評価

他の教室でも行っていますが、最後にの体験レッスンを受けた総評を行いたいと思います。(最大★5つ)

講師の質:★★★★☆

レッスンの質:★★★★★

アクセス:★★★★★(オンライン・校舎の併用も可能という意味で)

レッスンの取りやすさ:★★★★★

多様なニーズへの対応:★★★☆☆

授業料(コスト):★★★★☆

となります。以上皆様の英語学習に少しでもお役に立てれば幸いです!

 

 

-オンラインコーチング英会話

© 2021 英教ナビ失敗しない!後悔しない!英会話教室の間違いのない選び方 Powered by AFFINGER5