オンラインコーチング英会話

レアジョブ英会話”スマートメソッド”のオンライン英会話コーチング口コミ体験談

『コーチング英会話体験第2弾』と称しまして、今回はレアジョブ英会話で展開されている「スマートメソッド」の無料カウンセリングを受けてきました。

 

レアジョブ英会話といえばご存知でしょうか。

DMM英会話・ネイティブ英会話などと並びマンツーマンのオンライン英会話レッスンを展開している会社です。この3社のうちでは、最もビジネスよりかなというのが筆者の印象です。レベルの高いフィリピン講師を採用しており、リーズナブルという点が魅力です。

さて、今回無料カウンセリングを受けてみたこのレアジョブ英会話が設ける「スマートメソッド」ですが、16週間の短期集中で1つ上のビジネス英語を目指すというものです。ホームページにも掲げられていますが、オンライン完結成果保証型英語コーチング”というのが一番の売りではないでしょうか。

なんと、成果保証がついてくるんです。

 

スマートメソッドの無料カウンセリングまでの流れ

まずは上記スマートメソッドのホームページより日程の予約をします。

すると担当者さんより登録したメールアドレス先に案内のメールが送られてきました。

メールにあるようにカウンセリングを受ける前にヒアリングフォームとして英語学習についての簡単な状況を入力しておく必要があります。

また、事前に30分程度のスピーキングテストを受けることも可能で、後ほど説明するのですが、このレベルにてはスマートメソッドの受講可否が決まります。

カウンセリング当日はアカウント作成後利用可能になるマイページよりログインし、コンサルタントをクリックするとカウンセリングルームに入室可能になります。

無料カウンセリングの流れ

当日の流れですが、①英語学習に関するヒアリング(事前アンケートに基づいて)→②スマートメソッドの説明→③プラン・カリキュラム説明→④質問事項確認の順で進められました。

ビデオ会話での対話となりますが、日本人の担当者さんが丁寧にお話ししてくれます。時間としては約60分程度でした。

事前に送られてきた資料を確認しながらの説明としていただき、順次質問があるか問うてくださるのでこちらとしてもしっかり理解しながらお話を伺うことができました。

事前またはカウンセリン後に別でオンラインにて英語力診断を受ける必要があるため、他社ではカウンセリング時間内に簡単なテストを受けることがありますが、スマートメソッドのカウンセリングではカウンセリング時間内にテストはありません。

一通りの説明が終わった後もしも契約の意向がある場合、必要書類を自宅宛に届けてくださいます。

私は、直近の開講時期を希望していたため速達で資料を送っていただくという対応をしていただけました。

名を馳せる企業とだけあってサポートも手厚いな…という印象です。

ここまでが、無料カウンセリング当日の大まかな流れとなります。

ここからはカウンセリングにてわかったことを提示資料を用いながらご紹介いたします。

スマートメソッド受講に必要な英語力

前述の通りスマートメソッドを受けるためにはまずオンラインにてスピーキングテストを行う必要があります。時間は25分程度で、パソコン相手に一人で行います。セクションに分かれているのですが、「自己紹介」、「自分の職場・職業」などについて決められた時間内で話す問題や、音読するセクションがありました。

スマートメソッドにて英語力の指標として使われるものはCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)です。CEFRとは言語の枠や国境を越えて、外国語の運用能力を同一の基準で測ることが出来る国際標準です(前記ホームページ引用)。

 

ここで注意が必要なのですが、スマートメソッドの受講対象となるのは上記の表でA2およびB1への相当者だけであるそうです。

こうしてある程度英語能力がある人をターゲットとすることで成果保証を実現させているとも言えそうです。

私もテストの結果が返ってきたのですが、B1.2となっておりました。嬉しくも悲しくも受講可能なようです。ちなみにこのように結果が出ていました。↓

 

スマートメソッドの特徴

スマートメソッドが重視する点として掲げられていたのは『正確さ・ 流暢さ・ 音韻 』というコンテンツ面、『 表現の幅 ・やりとり・ 一貫性』のデリバリー面(運用力)です。

これらを磨くためにフィリピン人講師の的確な指摘や、ロールプレイングを授業で課されるようです。

前述の復習という形になってしまうかも知れませんが、今一度スマートメソッドコースが掲げる’5つの柱’というものは、「①完全成果主義、②個別最適を叶える、③ビジネスに実践的なカリキュラム、④日本人専属コンサルタント、⑥オンライン完結」の5点となっています。

一つでも気になるものがある人は要チェックです。

さて、気になる授業の進め方ですが、ホームワーク→フィリピン講師とのマンツーマンLesson→テストという手順で毎日最低でも50分は英語の学習時間を確保できるように組まれています。

尚、ホームワークや授業で使用するテキストは料金含まれており、追加で支払う必要はありません。

また、フィリピン人講師とのマンツーマン授業という面で不安を感じる方もいるのではないでしょうか。

安心してください。

16週間の「スマートメソッド®」受講期間中に、最大5回まで日本人カウンセラーによるコンサルティングを受けられます。

ここで、日々の英語学習の悩み・授業で英語で聞きそびれたことも相談可能となっています。

教材について

使用する教材については、実際にビジネスで使われる英語に絞って学べるようになっています。

レベルに合わせて3つの教材に分けられますが、この本に基づいて、講師に実際にビジネスシーンを想定したやりとりを練習することが可能です。

この教材は約30種類のシチュエーションで、実践的なテーマを網羅しており、16週間の受講を通して、対応できるビジネスシーンを増やすことができるようです。(ホームページ参照

【テーマ例】

 

料金について

最後に、詳しいサービス内容は以下の用意なっています。

料金は4ヶ月55,000円(税込)となります。

また前述のようにスマートメソッドコースには完全成果保証があるので、もしもこの期間内にレベルが1上がらなかった場合は追加料金なしで成果が出るまで延長してくれるそうです。これも一つの魅力ですよね。

成果が出るまでしっかり見てくれます。

以上、今回筆者がスマートメソッドコースの無料カウンセリングを受けてみた感想およびレポートです。

皆様の英語学習に少しでもお役に立てれば幸いです。

スマートメソッドコースの紹介動画があるのでご興味ある方はこちらをご参照ください。

他のコーチング英会話との違い

PROGRIT、スピークパディ、スマートメソッドとカウンセリングを受けてきて感想ですが、スマートメソッドが他社と異なる点は外国人講師と実際に英語を使える場があるところです。

前2社が日本人講師のみのコーチングであるのに対し、こちらはフィリピン人講師とのレッスンをベース、日本人カウンセラーのサポートというのが大きな違いかと思います。

ここでタイプ別にご紹介しますと、

・日本人講師による徹底的な学習サポート・添削を重視する方→PROGRITまたはスピークバディ (これら2社の違いについては別途記事’スピークバディの無料カウンセリングを受けてみた!’をご参照ください)

・学習管理と同時に外国人講師と実際にスピーキングレッスンを行いたい方→スマートメソッド

 

スマートメソッドの評価

最後にの体験レッスンを受けた総評を行いたいと思います。(最大★5つ)

講師の質:★★★★☆

レッスンの質:★★★★★

アクセス:★★★★★

レッスンの取りやすさ:★★★★★

多様なニーズへの対応:★★★★☆

授業料(コスト):★★★★☆

これまでコーチング英会話という面では、PROGLIT、スピークバディを受けてきましたが、スマートメソッドの特徴はフィリピン人講師とのレッスンで実際に英語を話して試せるという点ではないでしょうか。

同じくDMM英会話の提供するマンツーマンレッスンでは講師の質が高かったことが印象的だったので、このスマートメソッドに対しても講師の質という面に関しては期待です。

しかし、ネイティブの講師は在籍していないためアメリカン・イギリス英語で学びたいという方には物足りなく感じるかも知れません。

しかしながら、毎日少ない時間でガッチリ英語を学習し、さらに成果を保証してくれるというところはかなり期待です。

興味を持ってくださった方は、まずは無料カウンセリング予約へお進みください。

-オンラインコーチング英会話

© 2021 英教ナビ失敗しない!後悔しない!英会話教室の間違いのない選び方 Powered by AFFINGER5