趣味、仕事、留学などさまざまな目的により、今や、日本の英会話需要は増え続ける中、最近、学習方法や学習の習慣化をサポートする「英語コーチング」が注目されています。

ただ、英会話スクールとは異なり、まだまだ全国どこにでも英語コーチングの教室がある、いうわけではありません。

このトピックでは、静岡にお住まいの方へ、英語コーチングを受ける方法をお伝えします。

静岡の英語コーチングスクール

静岡で英語コーチングを受けたい方へ、最もおすすめする方法はオンラインです。

その理由は、静岡県内にはまだ、対面式の英語コーチングスクールがないためです。

つまり対面でコーチングを受けたい方は、静岡県外、最寄りで横浜または都内まで出なくてはいけません。

ちなみに対面で英語コーチングが受けられるのは、現在のところ以下の都府県のみです。

  • 東京
  • 神奈川(横浜)
  • 大阪(梅田・難波)
  • 京都
  • 兵庫(神戸)
  • 愛知(名古屋)

いずれにしても静岡からだと新幹線で1時間かかる距離です。

たまの遠出くらいならまだしも、定期的に通学することを考えると、新幹線で1時間という距離は、多くの人にとってあまり現実的な方法ではないのでしょうか。

でもオンラインなら、物理的な移動なしに英語コーチングが受けられます。

だからこそ、静岡の方のように近隣に教室がない場合や、対面式よりももっと手軽に英語コーチングを受けたい方には、オンラインが絶対的におすすめなのです!

おすすめのオンライン英語コーチングスクールをまとめました。

自分の希望や好みに合ったところを探してみてください。

>>おすすめのオンライン型英語コーチングスクールはこちら

なぜ、静岡に英語コーチングスクールがないの?

なぜ現在、静岡にスクールがないのか。

先ほどの、現在スクールがある場所のリストをもう一度見てください。

  • 東京
  • 神奈川(横浜)
  • 大阪(梅田・難波)
  • 京都
  • 兵庫(神戸)
  • 愛知(名古屋)

すべてが大都市であり、静岡のような地方には、まだスクールがないのが現状です。

その大きな理由は、需要と供給、また、人材の問題です。

英語コーチングはまだまだ英会話スクールほど広く知られていないため、優秀な人材が多く、英語コーチングの需要が高い都市部に集中してしまっているのです。

でも、これはあくまで現在の状況です。

英語コーチングがもっともっと広がり、地方で自需要も高まっていけば静岡にスクールができる日も、そう遠くないのではないのでしょうか。

英語コーチングスクールとは?

そもそも英語コーチングというもの、まだ聞き慣れない人も多いかもしれませんね。

野球でもサッカーでもテニスでも、とあるスポーツのコーチをイメージしてください。コーチは、成果が出るためのアドバイスをしたり、相談にのったりしながら、技術面だけでなく、疑問や不安を解決することで精神力も含めた指導をしていき、その選手やチームが勝てるようにしていく役割です。

同じように、受講生の英語学習についてのアドバイス、学習の管理、習慣化を手助けするなどして、目標を達成できるようサポートしていくのが英語コーチの役目ということになります。

先生との違いは、英語そのものを教えるのではなく、あくまでもコーチとして、学習のモチベーションを維持させ、目標達成、英語力の向上へ導くことです。

ちなみにコーチングスクールには、2つのタイプがあります。

1つは、英語の学習はあくまでも受講者自身で行い、そのサポートに徹するタイプのスクール、もう1つは、英語指導とコーチングとどちらも行うタイプです。

自分に合った、効率よく学習していけるものを選択しましょう。

英語コーチングのメリットとデメリット

それでは、英語コーチングのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

1⃣短期間で英語力が身につく
2⃣目標まで最短距離で行くことができ、時間の無駄がない
3⃣正しい英語学習方法が身に付く
4⃣日本語でのサポート

一般論として、先生、特に外国人の先生は、「正しい英語」は教えてくれますが、その人に合った「正しい学習方法」はあまり教えてくれません。

一方で、現在の能力と弱点、正しい学習方法を見つけ、アドバイスしながら、目的地に最短距離でたどり着けるようにサポートするのが、コーチの役目です。

デメリット

1⃣比較的、高価格である
2⃣対面型は、受講できる場所が限られている

対面型コーチングの相場は、15万円ほどです。

また、英語指導も受けるタイプのコーチングでは、コーチング料に加えて授業料も必要になります。

また、前述したとおり対面型コーチングは県内で受けられないように受講できる場所が限定的です。

コーチングそのものの性質によるものよりも、費用面と地理的なデメリットがあるということになりますが、この2点のデメリットを解消できるのが、オンライン型コーチングです。

オンラインなら、どこからでも受講できる!

費用面、地理面どちらのデメリットも解消できるのが、オンライン型です。物理的移動がなく、アプリを使って受講できるためとても手軽であることと、対面型に比べて費用が抑えられるのが大きな特長です。

自身の目的、目標、住んでいる場所や好みのスタイルなど、様々な要素を考慮して、自分に合ったコーチングスタイルを見つけてください。

 

>>おすすめのオンライン型英語コーチングスクールはこちら