他とはココが違う!NOVAの無料体験を受けて分かった特徴3選

英会話教室無料体験レッスン第7弾ということで今回はNOVAの無料体験レッスンを受講しました。

ECCと同じく、比較的リーズナブルで且つ日常会話~ビジネス英会話、初級~上級まで幅広くカバーしている印象があるNOVA、10年以上前の倒産騒ぎで痛い目に合って依頼、NOVAウサギの顔を見るだけで嫌な気持ちになりましたが、今回月謝プランも提供可能とのことでしたので、改めて無料体験レッスンを受けてきました。

比較的多くのコースがある一方、特徴付けがない印象がありましたが、1点面白い点がありましたので、それを含めて紹介したいと思います。

 

NOVAの無料体験レッスン申込

NOVAの無料体験レッスンは公式サイトから申し込み可能です。

>>NOVAの公式サイト

「無料体験実施中」などからアクセスし、住所、氏名、電話番号やメールアドレスを記入します。

ご希望のレベルなど、入力項目はシンプルで申し込みの記入は数分で完了しました。

尚、NOVAもECCと同じく複数言語に対応しているので、中国語やドイツ語などを習得したい人にも対応可能です。

また、NOVAの長所は全国展開しており、そのいずれの校でも授業を受けることができます。例えば、急遽出張で遠方に数か月滞在することになっても、現地のNOVAで受講可能です。47都道府県全てに拠点があるのはメリットではないでしょうか。(他の大手の英会話教室でもそこまで広範囲に展開している教室は他にありません)

さて、大阪出身の私はこれまで大阪駅周辺の英会話教室を試してきましたが、今回も大阪駅周辺のアクセスがいい、大阪第4ビル校(大阪本校)に行ってきました。

どちらかというと阪神、西梅田、北新地から近いイメージですが、大阪駅からでも徒歩圏内でアクセス可能です。

第4ビルの建物自体が古いため、入り口は少し分かりにくいかもしれませんが、大阪第4ビルの高層用エレベーターに乗り、20階まで登ると入り口が見えます。

入り口はこんな感じです。NOVAウサギがお出迎えしてくれます。

20階だけあって、大阪市内を一望できます。写真は撮れませんでしたが、HEPPの観覧車と同じくらいの高さです。

一面ガラス張りの教室ですでに何組かの生徒さんたちがレッスンを受けていました。ECCと同じく、教室自体がグループレッスンを推奨しているせいか、2名から3名のグループレッスンで授業されている方が多く、マンツーマンは一組だけでした。

私はマンツーマンを推奨されましたが、ある程度英語レベルがあり、ビジネス(その中でも交渉など高度な英語コミュニケーションが要求される)用途の場合はマンツーマンの方が効率が良いとのことです。このことから恐らく、生徒層の多くが初心者であると想定されます。(現にビジネスマンらしき人は少なく、学生や高年齢層の女性が比較的多い印象でした)

PROGRITの時にもありましたが、NOVAのロゴが入った水が提供されます。

また、帰りにはNOVA塩ラーメンがもらえます(笑)。まだ食べてませんが、入り口にはNOVAウサギの人形が販売されていたりなど、キャラクターを前面に押し出す商売方法は昔と変わっていない印象です。

アンケートを記入後、しばらく待っていると先生が入ってきました。

無料体験レッスン受講体験談

無料体験レッスンには、日常会話クラスのレベル9の教科書を使用しました。

レベルは5~9が設定されており、9が最高クラスとのことです。

他の教室では大体上から2番目か3番目のレベルと判定されることが多かったので、授業を受ける前少し不安でしたが、案外教科書の内容そのものはそこまで難しくなく、ちょうどいいレレベルでした。

体験レッスンの中で行ったのは、「各国の文化」に対してどういう印象を持っているかという問いかけに対して、答えるというものでした。

どこの英会話教室もそうですが、英語の学習という点に加え、文化の取得など付加価値を付けてくるパターンが多いです。シェーン英会話もそういった傾向がありました。

具体的には、

例えば、「What kind of word do you consider the phrase for Japanese culture?」

という問いに対して、

I consider Indirect expression is represented for Japanese culture or behaviors.

みたいな問いかけをしていました。

また、例文を読み上げ、例えば他の例だったらどんな文章になるか、みたいな問題も出題され、何とか答えていきました。

教科書はそこまで難しくなかったのですが、先生自身はこちらを上級者とみなしていたせいか、かなり早口で話してきたので、ところどころ聞き取れないところもありました。

レベルチェックの結果

レベルチェックの結果はこんな感じで出てきます。

正確さ、語彙、発音とイントネーション、流ちょうさ、リスニングが評価項目なのですが、面白いのが、「文法」の項目がないのと発音とイントネーションの項目があったことです。

文法の項目については上級者レベルであれば、それなりのレベルには到達しているだろうし、話すことを目的としているわけではないということでしたが、NOVAで重視しているのが、この発音とイントネーションであるというのが個人的には初めての感覚(他の教室では全く触れられなかった点)だったので、非常に面白かったです。

日本人が外国人の日本語を聞いて、「外国人が話す日本語」と判断する(=そこまで上手ではない言葉)と判断するのと同じように、外国人が標準的のイントネーションと異なる英語を聞くと同じような感想を持つというのです。もしかしたら、地方の訛りも同じようなイメージかもしれません。

私の英語は通常の英語とは異なるイントネーションのようでその点については「強化が必要」という判断になりました。

その結果を受けて、どのようにして授業で強化を進めていくのか確認をしましたが、イントネーションが違う点についてはOne by oneで修正していくしかなく、イントネーションを矯正するプログラムも存在するとのことでしたが、私がビジネスで使用する目的を鑑みると、もっと実用的なことに注力しながら、授業気づいた点について指摘していくという風な指導になるとのことです。

同じ日本語である言語の訛りですら修正は難しいのに他言語の修正ということになると、正直気が遠くなるような作業です。

一方、初心者から通っていた生徒さんはイントネーションの指導を一から受けるために発音の矯正がしやすいとのことです。NOVAはどちらかというと一般大衆向けの英語教育サービスというイメージでしたが、イントネーションを一から鍛えてくれるという意味では、本当に初心者におススメできる教室であると印象を受けました。

また印象的だったのは、リスニングとスピーキングの総和が英語力という考え方で、今回リスニングにかなり脳のメモリーをとられてしまい、話す方に注力できてませんでした。その点については、レベルチェックにも反映されており、「When I」や「Could I」など、言葉をつなげて読む熟語の習得も必須だろうとのことでした。

その他コース

今回の無料体験レッスンでは日常英会話でしたが、ビジネス英会話のコースも当然用意されています。

ビジネス英会話のコースでは以下の教科書を利用します。

レベルは2段階用意されており、中級以上は2の方を使うようです。

「Negotiation」や「Pricing strategy」といった実際の業務でも使用頻度が高いテーマに沿って授業が行われ、マンツーマンレッスンで行う場合はロールプレイを通じて交渉やビジネスに必要なスキルを学んでいくことができます。

NOVA自身、Gabaのようにビジネス英会話に特化しているわけでもないので、内容的に目を見張るべきところまでではありませんでしたが、先生のレベルも個人教室よりははるかに高く、ビジネス英会話も含めた幅広い用途に応じた学習ができそうなのは強みではないかと思います。

授業以外のサポート

NOVAは複数担任制を採用しているため、毎週の宿題が出ることがありません。

複数講師制はいろんな教師とコミュニケーションをとらざるを得ない環境にし、さまざまな国の言語に触れることによりリスニングの幅が広がるメリットに対して、一貫した教育を施すことができないデメリットがあると考えます。

宿題が出ないのであれば、自学自習をするしかありませんが、NOVAの方では以下のような学習アプリを提供しています。

NOVAの授業内容に即したコンテンツを提供してくれるため、授業と並行して、毎日の通勤・通学の際にでも使用して補足をしていくと良いでしょう。

他教室との比較

これまで、

  • PROGRIT
  • トライズ
  • ENGLISH COMPANY
  • シェーン英会話
  • Gaba
  • ECC
  • NOVA

と7つの無料体験レッスンを受けてきました。

大きく、

  • コーチング系
  • マンツーマン系(Gaba, シェーン)
  • 英会話教室系(ECC, NOVA)

の3つに分類できますが、コーチング系とは正直比べようもないので、他の3教室との比較を行いたいと思います。

 

ECCの記事で、「ECCはシェーンやGabaと比較してより初心者向け」という印象を受けましたが、NOVAに関してはより初心者向けの教室と言えます。

これから英語を学ぼうとする人にとってはイントネーションの矯正からしてくれるため、正しい発音を苦労なくできるメリットがあり、それがNOVAの最大の長所と言っても過言ではないかと思います。

また、全国どこでも教室があり、アクセスが非常にいいというのもメリットです。大手の教室の中では最大規模を誇っており、地方でも容易に通うことができるのはありがたいです。

ECCと同じく、英語以外の言語、日常英会話からビジネス英会話、資格試験、キッズ英会話等、網羅性が高い特徴がある一方、特殊性が高いビジネス英会話に関してはそれを専門としているGabaなどに比べ少し弱い印象を受けました。

NOVAの評価

最後にの体験レッスンを受けた総評を行いたいと思います。(最大★5つ)

講師の質:★★★★☆

レッスンの質:★★★★☆

アクセス:★★★★★

レッスンの取りやすさ:★★★★★

多様なニーズへの対応:★★★★★

授業料(コスト):★★★★★

ほぼECCと同じような評価になりましたが、レッスンの質については、シェーンやGabaの方が良い印象を受けた一方、アクセスやニーズへの対応はそれ以上でした。

かつてはポイント制以外の選択肢がなく、それゆえ倒産した際に被害に遭われた方が多かったのですが、現在のNOVAは月謝制を採用しているため、そういった心配はなく、授業を受けることができます。

グループレッスンであれば、40分1回2500円で受講可能ですので、英語の学習成果を確認するために受講をする、という使い方でもいいのかもしれません。

 

>>NOVAの無料体験レッスンを受講する