他とココが違う!ENGLISH COMPANYの無料体験受講レビュー

PROGRITトライズで受講して英語コーチングスクールの良さがかなり分かってきましたところで、今回は新進気鋭のコーチングスクール「ENGLISH COMPANY」を受講してきました。

英語の勉強をコーチングするだけでなく、そのメソッドについても科学的なアプローチをし、効率的な学習方法を提供している「ENGLISH COMPANY」。今回はその無料体験レッスンの受講レビューを紹介します。

 

>>ENGLISH COMPANYを先に見に行く

 

ENGLISH COMPANYの無料体験レッスン申込方法

 

ENGLISH COMPANYへの無料体験レッスンは公式サイトから申し込み可能です。

 

>>ENGLISH COMPANYの公式サイト

 

公式サイトにアクセスしたら、無料体験の申し込みをします。

名前や電話番号、メールアドレスを入力して、申し込むと電話連絡が来ます。

その時に日程調整を行いますが、私が申し込んだ梅田スタジオはかなり人気で最速2週間待ちとのことでした。曰く、テレビCMで露出が広がったせいか、問い合わせが殺到しているとのことです。英語コーチングスクールの場合、講師の数次第ではかなり長期間待機期間が生じますので、すぐにでも英語能力を上達する必要がある方は早めに申し込んだほうがよいでしょう。

ENGLISH COMPANY 梅田スタジオは阪急梅田駅の東、徒歩数分のところにあります。

2019年8月の時点で工事中ですが、泉の広場経由で行くと分かりやすいかと思います。

入り口は少し分かりづらく、何度か周辺をうろうろしました。

SANKYO UMEDA BUILDINGと入り口に書かれたビルになります。

教室は6階です。これも少し分かりにくい・・・

6階に上がって突き当りを右に行くと入り口が見えます。

教室の中はこんな感じでカフェみたいな雰囲気です。

ほかの教室のように敷居はありませんでしたが、程よい距離感があったので、私が無料体験している間も周りでレッスンをされたのも気になりませんでした。リスニングのレッスンはかなり防音性能の良いヘッドホンを利用します。

同じ空間で自由に勉強できるスペースもあります。生徒の多くが会社や学校帰りに教室が閉まる10時まで勉強して帰るとのことです。

私が無料体験レッスンを受けている時の数人の学生さん、サラリーマンと思しき方が近くのドトールコーヒーで買ってきたコーヒー片手に勉学にいそしんでおられました。

トライズもそうですが、学習に集中する時間の捻出が英語能力向上のカギになりますので、こういった空間を提供してくれるのはありがたい人がおおいのではないでしょうか。

ENGLISH COMPANYの無料体験レッスンレビュー

ENGLISH COMPANYが提供している英語学習については、生徒の要求に応じた方法を提案してもらえますが、今回は私の課題に応じたレッスンについて紹介します。

私については、他の記事でも紹介している通り、

  • ビジネスで英語を利用している
  • TOEICは900以上
  • 電話会議も含めてファシリテーションをするのは可能だが、交渉レベルの英会話能力ということになるとかなり不安
  • 課題はスピーキングよりもリスニングと考えている。

ということを事前連絡の際に説明をしておくと、無料体験レッスンもそれに合わせたプログラムを用意してくれました。

これまでPROGRITやトライズと言った無料体験レッスンを受けてきて、英語コーチングとしてのコンセプトは解説してくれましたが、実際の方法論まで解説は無かったので、そういった点ではENGLISH COMPANYの無料体験レッスンでは得るものが多かったです。

尚、無料体験レッスンの終わりに二冊の本を無料でもらえます。

1冊目は「最短最速!英語学習マップ」です。

ENGLISH COMPANYの方法論を漫画形式で分かりやすく解説されています。雰囲気は7つの習慣漫画版に似ています。

無料体験レッスンでは、自分の課題に対するレッスンのみで全体的な解説は不足していたのですが、この本を見るとENGLISH COMPANYでどのように英語学習ができるか一目瞭然で理解可能です。

もう一冊は、「科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!」という本です。

所謂SLA(第二言語習得研究 Second Language Acquisition)について一般の人にも分かりやすく解説しています。

このSLAはENGLISH COMPANYでの学習の根幹でもありますので、特に受講される方は一読されるとより学習効率を上げるのではないでしょうか。

他の英語コーチングスクールでも創業者の本を紹介されたことがありますが、さすがに本をもらえることは無かったので、驚きです。聞けば、無料体験レッスンに受講する人の半数以上が入会に至っているとのことなので、そういった意味からも自信のほどが伝わってきました。

正直この2冊がもらえるだけでも無料体験レッスンを受ける価値があるのでは、と思った次第です。

 

>>ENGLISH COMPANYの無料体験レッスンはこちら

 

実際に行ったレッスンの内容

前述の通り、私の場合、英語を交渉レベルで使いたいという目標がありました。

交渉レベルで英語を使うためには相手の英語の瞬時に理解して、返答する必要がありますが、英語の内容を理解することにタスクをかけているようでは中々厳しい。ということで聞いた英語を情景として思い浮かべることに注力したレッスンを行いました。

ただ、英訳するのではなく、別の処理を加えてやることによって、英語処理の負荷を下げる、詳しくは「科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!」を参照なのですが、確かに言語習得という意味で非常に分かりやすい指標なのではと思います。

後面白いと思ったのは、ENGLISH COMPANY以外のスクールで比較的軽視していた文法についても「認知的英文法」という手法で解決を図ろうとしていたことです。

要するに、過去形、現在進行形、未来形で思い浮かべる情景が違うということですね。特にビジネス使用する英会話では自制はかなり重要な場合があります。「過去になしたこと」か「これからなそうとしていること」かで進め方が大きく異なることが良くありますので、

情景として思い浮かべるのは、静止画だけでなく、動画として処理するのも可能です。

なので、現在進行形であれば動いている情景を想定しますし、過去形は写真のフレームに入っている情景を、未来形はカレンダーと一緒に思い浮かべる

ということになります(あくまで一例ですが)。

そんな方法論を念頭に入れてレッスンはスタートしました。

どのような授業だったかざっくりと申し上げると、担当者から責任者への依頼文を

  • まず聞いてみる
  • 単語の意味を理解する
  • 一文ごとに聞いてみる(2回)
  • 合いの手を入れながら聞く
  • Chunk(単語3~6語くらいの一塊の分)に分けて読む
  • 情景を思い浮かべながら音読する。
  • 虫食いになっている文章を音読する(虫食いの数がだんだん増えてくる)

という感じです。これらを全て無料体験レッスンで体験することができます。

音読も最初は1.5倍で聞いて慣れたうえで等倍速に戻すといった風に負荷もかけてくれますので、実際の会話にもついていきやすくなるのではと思います。

因みに実際の体験レッスンで使ったテキストは下記になります。

そこまで難しい文章ではありませんが、最初1.5倍速で聞いたとき、私の情景の把握が間違っていました。情景の把握を意識しながら、色々な種類の文章を徹底的に練習することにより、リスニング力だけでなく語彙力やスピーキング力も飛躍的に向上するのではと思います。

単語ではなく「Chunk」で理解する

トライズでも同じようなことを言っていましたが、ENGLISH COMPANYでも単語の学習は基本行いません。その代わり「Chunk」で理解を深めます。

結局、単語帳などで理解した語彙はあまり意味がなく、文章の塊で理解することがすなわち生きた英語の理解につながるということになる、ということです。

その辺りも第二言語習得研究の中で詳しく研究されているそうです。なお、第二言語習得研究は1960年から始まっており、現在では非常に多くの蓄積がなされており、それらを有効に使うことによって、英語習得の最適化を図ろうという徹底したコンセプトの下、学習を行うことができます。

学習の仕組みづくり

学習方針だけで結構満足してしまったところもありましたが、英語コーチングスクールなので、学習の仕組みづくりというところもいろいろと確認しました。

ENGLISH COMPANYは「行動科学マネジメント」の権威である石田淳先生の理論の下、徹底的に仕組みづくりを行っていきます。

要は、以下にしてやる気を維持し、短期間で英語取得に必要な時間を捻出するか、ということです。その辺は他の英語コーチングスクールと大差はないように感じました。

対面のレッスンについては週2回90分、教室に来て、無料体験で行ったようなレッスンを行い、後は自学するというものです。PROGRITやトライズと同じく、1日約3時間をどのようにねん出するのか、最初のレッスンの時に検討します。

週2回90分のレッスンというのは、レッスンそのものが全くない(週1のカウンセリングはあり)PROGRITや週2回45分のトライズよりも多く、そのまま自習を行う環境も整っているので、学習環境の維持という意味でも効果的ではないかと思います。

尚、リスニングやスピーキングが課題の方はシャドーイングが主な実施事項になります。シャドーイング音声は専属カウンセラーにいつでも送付可能で、すぐにフィードバックを受けることができます。この辺りはPROGRIT同様、サポート体制は万全のようです。なお、その時も何が課題でどうすれば完成に近づくか、も徹底的に分析してくれます。

 

PROGRITやトライズとENGLISH COMPANYの比較

無料体験レッスン等で得られた知見をもとに、これまで受講してきたPROGRITやトライズとENGLISH COMPANYの比較を行いました。

メリットとしては、本記事の前半での説明した通り、英語学習の方法論が明確であるということではないでしょうか。

他の英語コーチングスクールは学習の仕組みづくりを主に説明してくれましたが、実際の学習過程を科学的に説明してくれるのは(特に理系人間の私にとって)非常に分かりやすかったです。

サポート体制についても専属コンサルタントとの週2回のレッスン、自習しやすい環境、そして学習の進捗を常に報告しなければならない環境も含めて、その辺りが優れていると言われているPROGRITに匹敵します。

デメリットとしては、トライズのようにネイティブとのレッスンがないことと、やや受講料が高いことでしょうか。

料金はPROGRITと同じく入会金約50000円、月額約160000円程度になります。トライズは年間約150万円と月額に換算すると125000円とやや安いですが、1年間の学費を納金する必要があります。なお、ENGLISH COMPANYでもいくつか割引キャンペーンを行っていますので、その辺りも加味して判断すると良いでしょう。

私個人的には、

  • とにかく自分を追い込みたい人:PROGRIT
  • 学習する環境も作ってほしい人:ENGLISH COMPANY
  • 1年かけてみっちりと英語学習したい人:トライズ

ではないかと思います。ご自分の学習スタイルを勘案して検討すると良いかと思います。

 

ENGLISH COMPANYの評価

他の教室でも行っていますが、最後にの体験レッスンを受けた総評を行いたいと思います。(最大★5つ)

講師の質:★★★★★

レッスンの質:★★★★★

アクセス:★★★★★

レッスンの取りやすさ:★★★★☆

多様なニーズへの対応:★★★★★

授業料(コスト):★★★★★

 

講師の質、レッスンの質、アクセスは申し分ありません。また、私の課題のだけでなく多様なニーズへの対応可能です。

授業料も対面レッスンありでPROGRITと同程度ならお買い得ではないかと思います。

レッスンの取りやすさに関しては、少なくとも私が言った教室では2ヶ月待ちとのことだったので、★4つとさせていただきました。ただ、実際に始めると時間の調整は聞きそうなイメージです。なお、出張などで1週間丸ごと授業に出られない場合はその分1週間受講期間が伸ばすことができるとのことです。

 

>>ENGLISH COMPANYの無料体験レッスンはこちら